キャティーハート

魅惑のラグドール

お問い合わせはこちら
Instagram

魅惑のラグドール

魅惑のラグドール

2022/07/30

【ラグドール】愛くるしいぬいぐるみちゃん♪

キャティーハートがブリードを極めたいと思ったキッカケの猫種

タイトルの通り、英語で『ぬいぐるみ』を意味するラグドール。

TVに出るようになってからかな?

徐々にラグドールの人気が出て、コロナ禍でペットにする方が爆発的に増えた印象です。

私もラグドールの美しく優雅でいて、愛嬌のある性格に魅了されまして、ブリードを始めました。

当ホームページでもラグドール専用ページを設けていますが、キャティーハートなりの解釈も含めて詳しく語ります!

※参考資料:ペットライフ社 新猫種大図鑑

ラグドールの歴史

割と新しい種類ですが、きちんと歴史があるんです!

起源は1960年代、米国カリフォルニアのブリーダーが

恐らく雑種の白い長毛種とバーマンを交配させて産まれたのが、最初のラグドールでした。

その後『ラグドール』という名前を特許申請し、猫種協会を設立しましたが

他ブリーダーが認めなかった為、品種改良し

現在のように主要な登録団体が認める猫種を作り、2000年初頭にCFAに認定されました。

余談ですが、ラグドールの原種から更に品種改良して産まれたのが『ラガマフィン』になります。

ラグドールの基本データ

体格や被毛、性格などをご紹介☆

体重は男の子で6.5~9kg、女の子で4.5~7kgですが、日本で見るラグドールは

男の子でも4~5kg台が多いですね(^^;

被毛は中毛位、毛玉になりにくく柔らかな手触りが特徴です。

そのふんわりとした被毛に隠れててわかりにくいですが、実はガッシリとした筋肉質!

性格は穏やかなので、狩りには不向きな性格をしています。

キャティーハートではよく仰向けで寝転んでリラックスしている姿が見られます(笑)

寿命は平均で15.3歳だそうですが、今は良いフードがたくさんありますし

猫の腎臓病の研究もされていますので、どんどん長生きになっていくでしょう°˖✧

ラグドールのカラー

ラグドールと言えば、美しいカラーが最大の魅力なんです!

ラグドールの代表的なカラーは、最近では『ブルーポイントバイカラー』ですね。

ブルーグレーが目の部分でハチワレになっていて美しいです。

実は産まれた時は真っ白で、2年かけてゆっくりと色と模様が出てくるんですよ。

濃さも様々で、好みも分かれますが

濃いめが好きな方は、生後40日を過ぎた辺りから色が出てきている子を選んでみてください。

薄めが好きな方は、生後50日過ぎでも写真のように真っ白な子がオススメです。

ラグドールのカラーについては一番語りたいポイントなので、どんどん語っちゃいますね!!

【パターン】模様

色の出方の名称をご紹介☆

ラグドールにも様々な模様があるんです!

①バイカラー:ハチワレ模様で、顔に逆Vの字で外側に色がついています。

②ポイント:バーマンやヒマラヤンのように、顔の中心や手足や尻尾に色がついています。

③ミテッド:②のポイント+に色がついています。

④トーティ:珍しいパターンですが、色がついている部分に2つの色が混ざっています。

 写真の子がキャティーハートにいる、ブルートーティポイントになります。

⑤リンクスポイント:珍しいパターンですが、色がついている部分がしま模様です。

【カラー】ブルー系

キャティーハートのラグドールは全てこのブルー系です!

現在人気No.1の毛色、ブルー系です!

写真の子はブルーポイントになります。

全体的にホワイトで、ブルーグレーとのコントラストがクール!

ただ、先祖にシール系が入っているとホワイトではなくクリームが出てくることも。

私が猫種に限らず、ブルーが好きなので

どうしてもブルー系に偏ってしまうんですよね(^^;

『ライラック』という色もあるようですが、実は薄いブルーだった説がほとんどのようです。

【カラー】シール系

人気No.2!英語で『アザラシ』のこと

少し前の世代で流行ったカラー、『シール』はこげ茶です。

『チョコレート』というカラーも聞きますが非常に珍しく、ほとんどがこのシール系になっているようです。

全体的にクリーム色でこげ茶とのコントラストがハッキリしていて、根強い人気があります。

日本でよく見る毛色は『シールポイントバイカラー』『シールポイント』『シールポイントミテッド』ですね。

残念ながらキャティーハートでは産まれないカラーです。

【カラー】レッド系

珍しいこの毛色は、炎が立ち上がるように見えることから『フレームポイント』とも

キャティーハートでもブルートーティの子から産まれるレッド系!

ラグドールに知識がなかった当初は、耳と尻尾だけに色がついているので『レッドポイント』だと思っておりましたが。。。

写真の子(お客様からいただきました)はきちんと『レッドポイントバイカラー』に!

青い瞳と赤い毛色が強調しあって美しいですね!!

成長過程でも中々色が出て来ないので、血統書作成時の判断が難しく

まだ『レッドポイント』や『レッドポイントミテッド』に出会えていないので、ほぼバイカラーになるんでしょうね。

『レッドリンクスポイント』はただでさえリンクスポイントが珍しいので、中々お目にかかれない!

【カラー】珍しい色

他にもカラーバリエーションがあります!

珍しいと言えばクリーム系!

レッド系より柔らかい黄みがかった色をしています。

残念ながら、キャティーハートではまだ出会えておりません。

写真の子は、レッド系で紹介した写真の子の小さい頃です°˖✧

 

あとはブルー系とシール系でもチラッと出ましたが、『ライラック』と『チョコレート』。

血統書に表記されていても、実際は存在自体があやふやなようで

ライラックは薄いブルー、チョコレートは薄いシールといったものになるようです。

毛色の決定は私たちが思っている以上に繊細で、まだまだわからない事がたくさんです。

※キャティーハートではどんなに色素が薄くても、ライラックではなく『ブルー』での登録となりますのでご了承ください。

たまにレッド系なのにライラックと表記がされているのを見ますが、どうなんでしょうね。。。

さて、ここまで熱く毛色のことを語ってしまいましたが、ラグドールは奥深い!

まだまだ知らない事がたくさんなので、日々勉強ですね。

ラグドールの毛色に限らず、全ての猫の仕組みが解明されている訳ではないので、ずっと専門家が研究されています。

私はその研究結果の知識をいただいているだけに過ぎませんが、ラグドールを飼ってくださる方に

少しでも正確なことを伝えていきたいので精進してまいります!

----------------------------------------------------------------------
キャティーハート
〒306-0205
住所 : 茨城県古河市関戸1625-23
電話番号 : 080-5680-2881


ラグドールを茨城県でお求めなら

人懐っこい子猫を茨城県でお迎え

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。